助産師を目指すあなたへ

東北大学医学部産婦人科教授時代の1983年に、外国でも希にしか生まれなかった体外受精による妊娠出生に、我が国で初めて成功いたしました。

東北大退官後の1986年7月14日には、民間病院としての特性を生かし自由な発想のもと医療技術の開発・研究に取り組むため、日本初の体外受精の高度不妊治療専門の医療施設として、「スズキ病院」を岩沼市に開設。体外受精を応用してより難治な不妊症の患者さんの新治療法開発に従事いたしました。
平成13年4月には、日本初の成熟卵子の凍結解凍後の受精・妊娠・分娩に成功し、国内はもとより国際的にも評価される不妊症の新治療の実績を確立。その普及に貢献しました。
平成23年3月には日本助産師学会より「村松賞」、11月には岩沼市より「生涯現役市民賞」を受賞。さらに、平成27年6月には日本学士院より「日本学士院賞」を受賞し、それに伴い平成27年8月に「岩沼市長特別功労賞」を受賞しました。

経  歴
昭和21年 旧制東京帝国大学医学部卒
昭和38年 新潟大学医学部教授
昭和45年 東北大学医学部教授
昭和60年 東北大学名誉教授
昭和60年 小山市立小山市民病院院長
昭和60年 (財)難治周産期異常対策普及協会理事長
昭和61年 スズキ病院院長
昭和62年 医療法人社団スズキ病院理事長
平成 4年 医療法人社団スズキ病院附属助産学校長

日本学士院は、文部科学省に設置された学術上功績顕著な科学者を優遇するための機関で、学士院による賞は、日本の学術賞として最も権威ある賞です。
対象となった研究題目は、「ヒト体外受精・胚移植の確立と普及に関する研究」です。

体外受精・胚移植(体外受精)は、現在の不妊治療にとっては不可欠な治療法になっています。
本邦初の体外受精の成功は、1983年に当時、東北大学産科学婦人科学教室主任教授だった鈴木前理事長から報告されました。
1980年代の日本国内においては体外受精の実施についての賛否両論が渦巻いており、一部の医療機関でしか体外受精は実施されていませんでしたが、鈴木は体外受精の技術水準の向上と普及を目的として、ワークショップを企画・運営しました。

日本最初の体外受精児出生に成功してから30年が経過し、体外受精等の治療により生まれた児は、日本国内において34万人を超え、全出生児数の27.3名に1名が体外受精等によって生まれています(2012年)。当時、「試験管ベビー」と呼ばれ、特別視された体外受精児も、日本の小学校の1クラスに1人の割合で誕生する時代になり、体外受精は社会に受け入れられたと言えます。

体外受精の治療を確立させ、更に普及させたことは、不妊夫婦の挙児希望を可能にさせたことに留まらず、将来の日本における人口減少を解決する方策の一つとして大きく貢献していると言っても過言ではありません。




医療法人社団 スズキ病院附属助産学校 〒989-2481 宮城県岩沼市里の杜三丁目5-21 TEL: 0223-23-3116