本校の特徴
1.募集人員 20名
 修業年限 1年
 受験資格 看護学校卒業者および看護学校卒業見込者
2.所定用紙請求 「学生募集要項及び出願書類請求」と朱書きした封筒に、返信用封筒(角型2号24p×33.2pに240円切手を貼り、住所・氏名・郵便番号を明記)を同封して下さい。
 
3.出願の手続 
 A)提出書類 下記の提出書類は各一通とし、一括して、「スズキ病院附属助産学校入試係」まで郵送(簡易書留)または直接持参してください。

1) 入学願書(所定用紙)
2) 看護師免許を有する者は写し
3) 看護学校卒業証明書または卒業見込証明書
4) 成績証明書(卒業校の指定用紙)
5) 入学願書・受験票貼付用写真 上半身ヨコ4cm×タテ5cm 3枚
   (脱帽、6ヵ月以内に撮影したもの)
6) 面接エントリーシート(自己紹介書)
7) 受験票送付用封筒(所定用紙)に380円切手を貼付し、
   宛名書きの住所・氏名を記入のうえ同封して下さい。
 B)受験料 30,000円(現金書留)
提出書類と同時に納入してください。尚、必ず現金書留とし、提出書類とは別送してください。
 C)願書提出先 〒989-2481 宮城県岩沼市里の杜3丁目5番21号
医療法人社団スズキ病院附属助産学校 入試係
 
4.入学試験 
 1)選考方法 学科試験(基礎看護学/母性看護学/小児看護学)
小論文,出願書類,面接
 2)受付期間、入学試験日等 (ご都合に合わせて試験日をお選びください)
第1回試験 第2回試験 第3回試験
願書受付期間 平成25年12月2日(月)
〜平成26年1月8日(水)
平成26年1月14日(火)
〜平成26年2月17日(月)
平成26年2月20日(木)
〜平成26年3月7日(月)
入学試験日 平成26年1月11日(土) 平成26年2月20日(木) 平成26年3月11日(火)
入学試験場所 仙台国際センター スズキ記念病院 スズキ記念病院
合格発表 平成26年1月18日(土)
玄関前掲示、本人に通知
※電話問合せ不可
平成26年2月21日(金)
本人に電話、文書で通知
平成26年3月12日(水)
本人に電話、文書で通知
入学金
納入期限
平成26年1月31日(金) 平成26年3月3日(月) 平成26年3月20日(木)
学費納入期限 平成26年3月14日(金) 平成26年3月20日(木) 平成26年3月20日(木)
 3)入学手続き @ 期日までに入学金、授業料等の学費(第1期分)を納入(銀行振込)して下さい。1年間の学費をまとめて納入することもできます。

A 一旦納入した入学金は返金いたしません。

B 3月31日(月)までに入学辞退の申し出があった場合に限り、学費(第1期分)は返金いたします。
 5)問合わせ先 医療法人社団スズキ病院附属助産学校 入試係
TEL:0223−23−3116・3111
時間:9:00〜17:00(土曜日午後と休日を除く)
 



T.入学金 450,000円
U.学費
(単位:円)
第 1 期 第 2 期 第 3 期 第 4 期 合計(年間)
授 業 料 375,000 375,000 375,000 375,000 1,500,000
実験実習料 150,000 150,000 150,000 150,000 600,000
施設維持費 120,000 120,000 120,000 120,000 480,000
学費合計 645,000 645,000 645,000 645,000 2,580,000

V.学生寄宿舎費 月額 75,000円(個室の場合)
・本校は全寮制です。
・原則として全員個室です。
・各部屋にユニットバス・ミニキッチン・冷蔵庫が付いており、冷暖房完備となっております。机・ベッド・クローゼット・靴箱・折りたたみテーブルなどの家具・食器・調理器具などの備品が室内に備えつけてありますので、家具や調理器具等を持込む必要はありません。
・土・日・祝日を除く全期間、朝食・昼食を提供します。
・水道光熱費は別に徴収します。
【教育資金支援制度のご案内
◆スズキ病院奨学金
 奨学生は入学後に実施する面接により決定いたします。奨学生に決定された方には奨学金の規定により、奨学金を貸与します。一定期間業務に従事した場合、借受けた奨学金の償還が免除されます。

◆宮城県看護学生修学資金貸付
 宮城県が看護学生修学資金貸付条例に基づいて県内の看護職員の充実を図るため、将来看護職員として業務に従事しようとする者に、学資として在学期間貸付するものです。助産師養成課程も該当し、宮城県内の「償還免除対象施設」に5年以上業務に従事した場合、借受けた貸付金の償還が免除されます。

◆宮城県被災地域看護職員確保対策修学資金貸付
 宮城県が条例に基づいて沿岸の東日本大震災被災地(仙台市を除く14市町)の看護職員の充実を図るため、平成26年度から平成28年度に沿岸被災地に看護職員として業務に従事しようとする者に、学資として在学期間貸付するものです。助産師養成課程も該当し、宮城県内の「償還免除対象施設」に3年以上業務に従事した場合、借受けた貸付金の償還が免除されます。

◆国の教育ローン
 国の教育ローンは日本政策金融公庫(国民生活金融公庫より移行)のほか、銀行、信用金庫、労働金庫、農協、漁協でも取り扱われています。借用条件に該当する場合、学生1人につき300万円以内の融資額で返済期間は15年間です。当校もこの融資の対象となります。
◆日本学生支援機構(旧:日本育英会)の奨学金貸与
 当校は各種学校のため対象外となります。
   本校の特徴